スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見たあれやこれや

ようやく見られた~「特捜最前線/ストリップスキャンダル!」
会社の給湯室で先輩から「昨日風間杜夫出てたね」と言われ、「うそーん!知りませんでした(T_T)」と半泣きになってから早20数年。
再放送のときは毎日録画していたのに、風間さんの回は放送されることなく終わってしまいガッカリだった。
再放送できないエピソードらしいと知ったのは、インターネットを始めてから。
地上波がダメでもCSならどうだ!と、ファミリー劇場での放送に期待していたら見事にやってくれました。
いやね、もうね、大満足。
内容も演技も熱いわ濃いわでお腹いっぱい。まさしく昭和の東映テイストだ。
あの頃、こういう風間さんが好きだったんだよねぇ。
当時の風間さんには、上昇していく俳優特有の、勢いみたいなものがあったように思う。
まさか2年後にあれほどのブームが起きるとは、予想外ではあったけれど。

「ストリップスキャンダル!」の放送は、1982年9月だとずっと思い込んでた。
1982年のはずなのに、風間さんの髪型や全体の雰囲気はもっと前(「終着駅殺人事件」と同じ頃)の感じだったから、収録は81年で放送は82年なのかなと思った。
でも、改めて調べたら正解は1981年10月14日放送で、慌ててHPのデータを修正。
自信持ってたんだけどなあ。ホント私の記憶なんてアテにならない。
当時の手帳を見たら、この日、私は黒テントの「夜と夜の夜」を観に行っていたようだ。
出演していたことに気付かなかったのは、家にいなかったせいもありそう。
(後で知ったのだがその日の夕刊にはストーリー紹介とともに風間さんの名前も載っていた)
当時はまだ家にビデオデッキがなかったから、リアルタイムで見れていたとしても、自分の頭の中に焼き付けるしかなかった。
だから、今、当時のドラマをCS放送で流してくれるのは有難い。
いい時代になったものだと思う。
ホームドラマチャンネルの「雲のじゅうたん」も、風間ファンになったばかりの頃の気持ちを思い出して、毎回ときめきながら見ている。
不満は似たようなドラマが多いことかな。
「このドラマ、何回目やねん」と言いたいようなのもたまにあるからね。

気がつけば地上波の番組はほとんど見ていない。
ニュースすら見ない。
見るのは朝の情報番組だけ。
映画はWOWOWで録画。
毎回欠かさず見ているのはFOXの「シンプソンズ」と「キング・オブ・ザ・ヒル」と「アメリカンアイドル」
「アメリカン・アイドル」はアメリカのオーディション番組なんだけど、たまたま初回を見たら面白くて、ハマってしまった。
本国よりたった一週間遅れなだけというのが嬉しい。

最近観た芝居
「小松政夫×イッセー尾形のびーめん生活2006」
3月19日(日) シアターBRAVA!
作・演出:森田雄三
小松政夫とイッセー尾形によるショートストーリー5本。
すべて男と女の組み合わせで、交代で女装。
3本目の、芸能プロ社長と落ちぶれた薬物中毒の演歌歌手の話が印象的。
4本目の、地方の港町に演奏にきたバイオリニスト“パクさん”と、地元の主婦の淡いロマンスの話は、ひとり芝居で見た記憶あり。
最後の話で睡魔に襲われる(^^;)
いつものイッセー尾形と同じく、人間のちょっとした可笑しさや哀愁を、優しいまなざしで淡々と見せていくスタイルだが、今回は小松政夫が良いスパイスになっていた。
2本目の、ベテラン女優に扮した小松さんが、若い女優に演技指導する様子に爆笑。

月影十番勝負第十番「約 yakusoku 束」
3月12日(日) IMPホール
作:千葉雅子 演出:池田成志
出演:高田聖子 千葉雅子 伊勢志摩 池谷のぶえ 池田成志 加藤啓 木野花
女優奮闘公演。特に猫ニャーの池谷のぶえが目立つ。
映画「女囚さそり」と「約束」(岸恵子×萩原健一)がモチーフなのだとか。
でも、出来上がったものはまったく違う雰囲気。
ただ、加藤哲はショーケン似(てか、わざと似せてた?)
ひとつひとつの場面は面白い。
舞台の女優さんはおバカな演技も上手にこなす人が多いが、私が腹を抱えて笑えるのは藤山直美と高田聖子だけだ。
今回も、あやしげな歌謡曲(ハゲのおかまがほくそえむ~♪という歌詞)やら「あっちこっち丁稚」ネタで大笑いした。
でも、あっちに脱線こっちに脱線、本筋はずれてウロウロしている感じで2時間30分は長い。
おふざけの場面とシリアスな場面がスムーズにつながっていなくてガタガタしてる。
ただ、決して嫌いな芝居ではない。むしろ好き
女の敵は女かもしれないけれど、女の一番の味方もまた女。最後の場面では、そんな言葉が頭に浮かんで元気になれた。

最近観た映画
「PROMISE」
重厚な歴史劇を期待するとなんじゃこりゃだが、劇画だと思えば楽しめる。
ただ、すごく高級な食材で駄菓子を作ったようなもったいなさもあり。
チャンドンゴンの超人ぶりにワロタ。
「力道山」
見応えあり。
ソル・ギョング(力道山役)の日本語のセリフに聞き取りづらいところはあるものの、熱演。
中谷美紀が綺麗、藤竜也渋い。
「スーパー・サイズ・ミー」(DVD)
一ヶ月間、三食マクドナルドのメニューだけで過ごした男の記録。
見てるだけで胸がいっぱい。胃が痛くなった。
ユーモラスに権力を告発するのはアメリカのお家芸って感じ。
まあ何事もほどほどにってことで。

最近読んだ本
「チョコレートコスモス」(恩田陸)
まるで恩田陸版「ガラスの仮面」?!
フィクションなんだけど、ついモデルを想像して読んでしまった。
しかし役者さんって、本当にこの小説みたいに、いろんなことを考えながら舞台に立ってるんだろうか?
観客のワタシは、ほとんど何も考えていないのだが。
って、ワタシと一緒にしたら失礼だよな。

明日はWOWOWで「ラストショウ」がある。
DVD持ってるけど、これも録画するぞ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごいっ、いるかさん盛りだくさんですよ!
そうそう、藤山直美と高田聖子はホントに良い役者ですよね。それに、イッセー尾形の舞台を見れるなんて真の意味で贅沢な感じです。

「力道山」みてないのですが・ソル・ギャングの肉体が凄いらしいですね。役者は数あれど、俳優が実際のプロレスをしてしまうのはこの方と宇梶さんぐらいですよね。

あ、DVD持ってるけど録画するって感覚わかります!録画してるけどDVD買う、ってのと似てるのかな。
(でも舞台は公演ごとに違うのが良いとことですね)

いやいや、長いあいだ書いていなかったので、盛りだくさんにならざるをえなかったのでございます。
高田聖子は、面白いですよね~。
特にふざけた演技をしているワケじゃないのに、ちょっとした仕草に爆笑でした。

「力道山」はプロレスのシーンが凄かった!
ほんもののプロレスラーを相手に闘ってましたから。
船木誠勝が意外といい演技をしていました。

今夜放送される「ラストショウ」は、たぶんDVDと同じものだろうと思うのですが、セルDVDは保存版にして、ふだんは今日録画予定のものを見ようかなと思っています。
販売されているDVDは画質が良いですよね。(中にはそうでもないのもあるけど)
家で録画したものとは明らかに違うので、本当に好きな作品は、やっぱりDVDを買ってしまいます。

はじめまして。昨年8月に札幌で観た「風間杜夫一人芝居三部作」をもう一度観たくて調べるうちにお邪魔していました。ワタシも高校生のときNHK教育で劇場中継した「戦争で死ねなかったお父さんのために」を観て以来つか芝居と風間杜夫のファンでした。1976年か77年頃です。それから83年の解散まで北海道から紀伊国屋ホールへ何度も行きました。

追伸

80年81年の夏、黒テント北海道公演でワタシも夜と夜の夜を観ました。25年以上経ってもあの演奏と斉藤晴彦の眼と声は記憶に残っています。
イッセイ尾形は先日、札幌公演観たばかりだったのです。思わずコメントしてしまい失礼しました。また、いろいろと教えて下さい。

ウエダさん、はじめまして。書き込みをありがとうございます。
NHKで放送された「戦争で死ねなかったお父さんのために」をご覧になっているなんて、羨ましいです!
資料によると1977年夏に放送されたようなのですが、その頃の私は、まだ演劇には目覚めておらず、放送されたことにすら気付いていませんでした。
きっと、すごく勢いのある芝居だったのでしょうね~。

黒テントの「夜と夜の夜」は、内容はすっかり忘れてしまっていますが、「夜、夜と、夜の夜」という部分だけは今でも歌えます。
もう十何年もテント芝居には行っていませんが、あの独特の空間を懐かしく思い出します。
ウエダさんと私は、似たようなお芝居を観てきたのかもしれませんね。
でも、きっと、私より古い時代の公演もご覧になっていると思いますので、こちらこそ、またいろいろと教えてください。よろしくお願いします。
プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。