スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケニエの人

昨日、芸術ホールに大人計画の『イケニエの人』を観に行った。
夜7時の開演。日曜の夕方から出かけるのはだるい。身体がすっかりダラけたお休みモードになっているからだろう。おまけに雨も降り出した…(ここで「かわいそうな星めぐり人に言われて気が付いた」と歌ってしまう人は間違いなく昭和30年代生まれ)ああ、眠い。実際、電車の中で寝た。
でも、劇場に着く頃にはなんとかシャンとして観劇。
久しぶりの松尾スズキの新作ということで、期待度かなり高し。でも、観劇後の満足度及ばず。そんな感じ。
たくさん笑って楽しんだけど、松尾スズキにしてはずいぶん薄味だった。
いつもの、神経にキリキリねじ込んでくるような、イヤ~な人間の業みたいなものがあまりない。
なんか、最後らへんは軽く感動したりして、帰り道、爽やかな心持ちで駅まで歩いたりして、大人計画をそんなにたくさん見たわけじゃないけど、こういう感覚は初めてかも。
人間の内面のグロテスクさを見せられて「こういうところはあんまり好きじゃないな~」と以前は思っていたのに、毒気が薄まると「物足りない」と思う。
いや、毒気云々以前に、物語がとっちらかってるんだよね。整理ができてない。
ストーリー性を求めずに、くだらない笑いで押すのもありかと思うけど、そういうんでもないしなあ。
このぐらいでも予想ラインの作家や演出家もいるけど、もっとディープな世界を描いてきた人だけに期待値も高かったんだよね。残念。
役者では、宮崎吐夢のインチキ白人(ランス・ヘンリクセン)が一番印象に残った。

来年の夏に『キレイ!』の再演があるらしい。
嬉しいことに大阪公演もアリ。
でも、会場のシアターBRAVAって聞いたことないよ、どこにあるの?と思い調べたら、四季の専用劇場だったMBS劇場が来年5月にリニューアルしてシアターBRAVAになるそうだ。
ちなみに「シアター・ブラヴァ」と読むらしい。
MBS劇場には一度だけ『ライオンキング』を観に行ったことがある。
かなり大きな劇場だったような・・・1000人ぐらい入ったんじゃなかろか?
シアターBRAVAとしてのこけら落としはtptの『ナイン』
フェリーニの『81/2』をミュージカル化したもので、観たいと思ってたから嬉しいけど、いったい幾らするんだろう?
東京公演はS席12000円だって(T_T)
大阪もそれぐらい?A席8000円ぐらいだったら観ようかな。
でも、5月は明治座が・・・
明治座は1等席で1回観て、2等か3等でもう1回観るつもり。
チケット発売はまだ先だから、それまで貯金に励まなくては。

『神のふたつの貌(かお)』(貫井徳郎)読了。
牧師の親子の物語。
仏教もよく知らないけど、キリスト教もわからない。
先日見た『ピローマン』も、映画『ドッグヴィル』も『ミスティック・リバー』も、キリスト教が根底にある社会の倫理観を知らなけれれば、本当のところは理解できないのかもしれないと、この小説を読みながら思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。