スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピローマン

今日、シアタードラマシティで『ピローマン』(パルコ・プロデュース公演)を観た。
出演は高橋克美、近藤芳正、山崎一、中山祐一朗の4人。
子供が殺されるような、暗い小説ばかり書いていた作家が、警察に連行されてきたところから始まる。
最初は検閲なのかと思うが、やがて、自分が連続子供殺しの容疑者にされていることに気付く…というお話。
最初は、警察と作家のかみ合わない会話にひきつけられず、なかなか舞台の世界に入ってゆけなかった。
途中からどんどん話がイヤな方向に転がっていって、あー辛いなあと思いながらも、高橋克美と山崎一、二人の演技に引き込まれていった。
不条理劇のようでもあり、残酷なおとぎ話のようでもあり、理屈で割り切れる答えが用意されていないぶん、解決できないモヤモヤは残る。
ただ、ラストがあまりにも切なく、その余韻で、観終わった時点では細かいことはあまり気にならなかった。
哀しくやるせない話なんだよね~。
ああ、ヤな芝居だなあと最初は思ってたんだけど、そのうちに、作者のマーティン・マクドナーが、世界中の救われなかった子供たちに祈りをこめて歌う鎮魂歌のように思えてきた。
今回は残酷描写は抑え気味にして、役者さんたちの緊張感のある演技をじっくりと見せてくれた長塚圭史の演出も良かったと思う。
でも、何度も観たい話じゃないな。

島田正吾さんが亡くなった。
98歳だからもう十分生きたとも言えるんだろうけど、3年前だったか松竹座での島田さんのひとり芝居『司法権』のカーテンコールで、「2年後にまた大阪でやりたい」って挨拶していたのに・・・
90代でひとり芝居ですもの。本当に凄いよね。
私が観たときは95歳ぐらいかな。セリフも声量も問題なく、かくしゃくと演じていたことを思い出す。
もっといろんな芝居を観たかったなあ。合掌。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。