スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう11月とは…

11月6日(土)
今年もあと2ヶ月か〜。
ホント、毎日が飛ぶように過ぎていく。
年賀状は買ったし、来年の手帳も買った。
今年はもういいから、来年から頑張ろう!なんて早くも残り二ヶ月捨てモード。ガハハ。
いやいや、11月も12月もきちんとやりますよ。と、自分自身に言い聞かすも、なんとなくダラダラ感はぬぐえず。

最近見たDVD。
『ヴィドック』
ジェラール・ドパルデュー主演のフランス映画。
フランス人なら誰もが知っている19世紀に実在したヒーロー、ヴィドックの冒険譚を独特の映像美でファンタジックに描いたゴシック・ミステリー。(めんどくさいのでallcinema ONLINEの解説をそこままコピー(^^; こんなところにもやる気のなさが出てますな)
映像はすごく凝ってて独特の雰囲気があった。
でも、風邪気味で薬を飲んでいたのと寝不足のせいで眠くてたまらず、途中20分ほど寝てしまった。
DVDだから寝たところに戻ってまた見ればいいんだけど、その気にならず、結局、ボーっとした状態のまま見終わった。
ということで、感想はなし(なんじゃそりゃ)。
『ミスティック・リバー』
やりきれない話。何度も見かえしたいとは思わない。
善良な人が救われず、人殺しが生き延びる。河の流れのように絶えることなく連綿と続く暴力と悲劇の連鎖。
誰が少女を殺したのか?というミステリー仕立ての中に、様々な人間ドラマが描かれていて、後味は悪いけど、深く心に残る映画だった。
人間は罪を背負って生きていく。ラストのパレードのシーンを見ると、映画で描かれた物語の後に続くであろうそれぞれの人生に、思いをはせずにはいられない。すごく後を引く終わり方だ。
でも、あれだよね〜。キリスト教が精神の根底にある人たちの映画だよね。
じゃあ、日本人がこういう話を作るとどうなるかって聞かれてもわからないけど。
クリント・イーストウッドが監督(なんと音楽も!)で、ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコン、ローレンス・フィッシュバーン、ローラ・リニーなど豪華キャストの演技合戦は見応えたっぷり。
この映画で初めて名前を知ったけど、ティム・ロビンスの妻を演じたマーシャ・ゲイ・ハーデンも巧いと思った。

『もっとしなやかにもっとしたたかに』と『熱海殺人事件』のDVDを買った。
『もっとしなやかに…』は以前テレビ放送されたときに録画したビデオがあるからいいかと思ってたんだけど、副音声で奥田瑛二の解説があったので買ってしまった。
奥田氏の視点での解説だけど、撮影秘話などが聞けて面白い。
この映画を初めて見たとき私は18ぐらいで、ヒロインの森下愛子とほぼ同じ世代だったものの、このヒロインに自分を重ねることはとても出来ず、つまらなくはないけれど、ちょっと居心地の悪い映画という印象だった。
今回、10年ぶりぐらいで見たら、かなり面白かった。
森下愛子の年齢も、主人公の失踪した妻役の高沢順子の年齢すら軽く越えてしまって、客観的に物語が見られるようになったのかも。
風間さんの台詞「くたばれよニューファミリー」が時代の気分を感じさせる。
ニューファミリーとか翔んでる女(笑)とかって言葉、当時、流行ったよね。
所ジョージも「何がニューファミリーだ、いい加減にしろよ」って歌ってたし。
今思うと、実体のない流行って感じがするけどね。

『熱海殺人事件』は、とっても演劇的な映画で、つか芝居での風間さんの演技をもっとも忠実にフィルムに焼き付けているのは、『蒲田行進曲』よりもこっちだと思う。
映画なのに撮影前につかこうへい演出による稽古が行われたってのも珍しい。
だから、映画的な演技を好きな人には、受け入れられにくい作品かもしれないと思う。
公開時はつか事務所の頃からまだそんなにたっていなかったせいかそうでもなかったんだけど、今見ると、風間さんのテンションの上がり具合が懐かしいわ。
仲代達矢をはじめ、大滝秀治や高橋悦史や三谷昇など新劇のベテラン俳優さんたちが実に嬉しそうに演じているのが楽しい。
未だに大滝秀治の「ハゲのくせに」という台詞回しが忘れられん。
しかし、綺麗な映像がDVDでいつでも見られるのは嬉しいけど、特典なしでこの値段は高いよなあ。
DVD化してくれたってだけで喜ばないといけないのかな。

今月は衛星劇場で『青春かけおち篇』放送。
1日に録画して早速DVDに焼いた。
大竹しのぶと風間さんの掛け合い、好きなんだよね〜。
舞台で共演してくれないかなあ。
「○○さんと共演して欲しい」と書くと、けっこう実現しちゃったりするので(余貴美子とか)、ダメもとで書いておこう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>青春かけおち篇・・
当時の彼女とデートで見たです。梅田松竹で(激汗)
チョット思い出してガックリ(苦笑)

>蒲田
 これ言っては何ですが、深作ネタとは思えないし、
 何か、松坂慶子が出てるのが空々しい感じが、
 どうしても拭えないのですが・・
 舞台は、初演、根岸さんですよね、確か。俺は、
 舞台を観ておきたかったような気がします。

今日、さんま御殿の再放送がTVを付けっぱなし
にしてたら掛かってて、斎木しげるでしたっけ
大竹まこととか、きたろうとやってる人が、
仮面ライダーのアトラクションの時に、コブラ男
やってたんですと言っていて、その時にライダーは
風間杜夫がやってて、あいつは今でも仮面ライダー
のサインが書けるとか言ってたけど、仮面ライダー
のサインって、あって無きが如しだから、誰でも
それらしく書けるんちゃうんかい~?とか、
ツッコミ入れてしまいましたw

ねこまちさんの思い出の1本だったんですね。>『青春かけおち篇』
やっぱり併映の『自由な女神たち』も同じように思い出すとガックリですかね。
デートムービーにはオツな2本立てだと思いますが(^。^)

『蒲田』のキャスティングが発表になったときは、舞台のファンのあいだでは「なんで松坂慶子なんだよ~。ミスキャストだろ」って声が多かったように思うんですけど、出来上がった映画を見たら、以外にも良かったので、みんな黙っちゃったって感じだったように思います。
舞台の小夏は初演からずっと根岸さんでした。
舞台と映画は別モノですね。
映画も単純な人情喜劇ではないと思いますが、舞台はもっと人間の鬱屈した感情が表にでていて、客席で見ているのが辛かった記憶があります。(特に柄本明、加藤健一バージョンの初演)

さんま御殿の再放送に斉木さんが出演してたんですね。
見れば良かったな。
仮面ライダーにはですね、ちゃんと決まったサインがあって、ショーでライダーに扮する人は、そのサインをマスターしないといけないらしいですよ。
「東北と大阪のショーでサインが違ってた…」なんてことがあったらマズいからだとか。
ソースは『徹子の部屋』での発言ですが(^。^)
風間さんがやっていたのは2号だと思うんですけど、1号とかV3とか、やっぱりそれぞれにサインは違ったのかな~?

いるかさん、DVD買ったんですねっ!
私も『もっとしなやかに~』は何年か前に見た時はほとんど自分に接点がない映画なので感想はあんまりのこらなかったんですけど、ラストの蟹江さんの熱演は何となく憶えてます。時間を経た時に感想が変わるのも映画の良さですね。

『熱海殺人事件』は、ラストで歌が流れるところを憶えてます。今まで見た日本映画ではないパターンで呆気にとられたけどカッコイイな、と思いました。確かに風間さんの舞台的な熱演がこれでもかと楽しめますね。

「自由な女神たち」って大好きなんです。昔、なにかの映画本でポスターの松阪慶子と桃井かおりの顔の大きさで2人が争ってた、というのも聞きましたが、このエピソードも今思うと映画っぽいですね。この2人の掛け合いが楽しくって、色んな人が出てきたり、しまいには2人でオンステージをするところなんて最高でした、今見ても楽しめそう。

『もっとしなやかに…』は、主人公はじめ登場する男性がことごとく情けないところが可笑しいです。
でも、突き放して描いているのではなくて、どこか共感できる人間くささがあるので、ラストの哀れさが際立つんだろうなと思いました。
昔見たときも情けない男たちだなあと思ったのですが、そこに人間的な可笑しさとか哀しさまでは感じられなかったんですね。自分が成長したのか、寛容になったのかわからないですけど、今回久しぶりに見たら、意外なほど面白く感じました。
この映画の蟹江さん、若いです~。まだギラギラした爬虫類っぽい雰囲気だった頃ですね。

『熱海…』の主題歌、サンディ&サンセッツの『バッテリー』ですね。この曲、好きで、シングルレコード(!)持ってます。
~♪うねうねうーね、あいあいあいあい!バッテリー♪~というワケのわからない歌詞がいいですね(^。^)

『自由な女神たち』面白いですよね。
演出は久世光彦さんでしたっけ?
桃井さんと松坂さんがボケと突っ込みコンビを、楽しそうに演じていたことを覚えています。
松坂さんの整形前が片桐はいりさんだというのが凄いと思いました(^▽^;)
プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。