スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成中村座『夏祭浪花鑑』ニューヨーク版

10月30日(土)
あー喉が痛い。
ここんとこ風邪気味。
段田さんと同じく「私は喉から」(♪ベ○ザブロック♪)
熱が出ないだけマシなんだけど、悪くならず良くもならず、いつまでもダラダラと喉がイガイガ状態が続くのが鬱陶しい。
外から帰ったらうがいは欠かさないんだけどな〜。
明日のど飴買おう。

先週、松竹座に平成中村座の『夏祭浪花鑑』を観に行った。
劇場の造りが違うので完全に同じではないらしいが、ニューヨーク公演をほぼ忠実に再現しての公演だったとか。
最初に外国人(アメリカ人?)の二人組が登場して、英語で物語の設定や登場人物の解説アリ。
この二人組がなかなかのエンターティナー。
ときおり日本語を交えながら、お客さんを笑わせて、話が始まる前から客席はいいムード。
「さあ、これから何が始まるんだろう!」という期待感で胸がワクワクする幕開きだった。
演目に関する解説はこちら→松竹のHP

とにかく面白かった!
見終わったときのあの高揚感は、芝居の醍醐味だなあと思う。
歌舞伎を観たことのない人でも、この芝居なら面白く感じられるんじゃないかな。
当時の倫理観は理解しにくくても、単純に視覚で楽しめるし、見せ場がたっぷりあって、飽きることがない。
江戸時代の大阪からニューヨークへ、軽やかに駆け抜けてゆくラストは爽快だった。
歌舞伎って、人間の色や欲や憎しみや殺人さえも美学で彩って娯楽にしてしまう凄みがあるね。
スパイスの効いた大人のエンターティンメントだなと思う。

この前の日曜日、友達と昼ごはんを食べに行った。
行こうと思ってた店が貸切で、イタリアンのバイキングへ。
イタリア料理店とはいうものの、バイキングのメニューにはうどんや焼きそばがあったりして、何でもありなんだけどね。
たらふく食べてブラブラしてたらセーラームーンのショーをやっていた。
遠くからしか見てないけど、なーんか妙な雰囲気。
でも、見ているお子様たちはかなりエキサイトして声援を送ってた。
携帯で写真を撮った。でもピンボケ。

20041118142706.jpg


台風こわい。地震もこわい。なんとなく落ち着かない日々。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。