FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の狭いオヤジを見た

7月20日(火)
珍しく2日続けての書込み。

日曜日にイヤな光景を見た。
ひとり芝居の開演前に、近くのコーヒーショップで昼ごはんを食べてたときのこと。
ガシャーンという音がしたので前を見ると、少し離れた席で誰かが飲み物を床にこぼしていた。
よくあることと気にとめずにいたら、いきなり「どうしてくれるんだよ!」の大声が。
こぼれた飲み物が何か私の場所からは確認できなかったんだけど(氷が散ってたから冷たいもの。コップはプラスチック)、どうやら隣の席の中年男性にかかったらしい。
あまりの大声に店員さんが3人飛んできて、床を拭いたり謝ったりしていたが男性の怒りは収まらず、ますますエスカレート。
隣の席をにらみつけ、「これから仕事なんだよ。これ、染みになったらとれないんだよ。どうしてくれんだよ。クリーニング代出せよ。住所どこだよ」と怒鳴りまくっていた。
京都の人じゃないのか、関東弁だから余計にキツく聞こえる。
この時点では隣の人の姿は柱の陰で見えず、「うちもわざとやったんやないもん…」という消え入りそうな声だけが聞こえていた。
こんなときは言い訳しないでまず謝らないと、余計話がこじれるのにな、と思って見ていたら、ビクビクした様子で席を移動するおばさんの姿が見えた。
60代半ばぐらいで、服装を見ると近所の人っぽい。もしかしたら年金でカツカツの生活を送っていて、クリーニング代を出す余裕なんてないのかもなあと思えるような人だ。
そのおばさんをにらみつけ、「ゴメンじゃすまねえんだよ。仕事に行けねえじゃねえか!」とまだ言ってる。床を掃除している店員さんに「そんなとこより俺の服を何とかしろ」とインネンをつけ、若い女性の店員さんには「おまえだってこれからデートってときに、服を汚されたら怒るだろ!どうなんだよ!」と凄み、無理やり「怒ります…」と言わせていた。
もおぉぉぉぉーーーーーーーーー!しつこい!!!鬱陶しい!!!
いい年したオッサンがグズグズグズグズいつまでも怒ってんやないで、ホンマ。
頭からトマトジュースを浴びたとかいうならともかく、紺色のスーツにアイスコーヒーか何かが少しかかっただけでしょ。大人気ないっちゅうねん。
と、だんだんムカついてきて、見ていられなくて、まだ開演にはちょっと早かったんだけど、店を出てしまった。
だから、長々と書いたけど、この後どうなったかはわからない。
その中年オヤジ、見るからに怖い感じの人ではなく、外回りの営業マン風。でも、かなり神経質そうではあったけど。
自分だったらこういうとき、どうするだろう。とりあえず謝って、クリーニング代は渡すだろうなあ。でも「スーツ弁償しろ」「今日の仕事がダメになったからそのぶん保障しろ」とか言いかねない勢いだったし、法外な値段をふっかけられたら、警察に行きましょうとでも言えばいいのか?店はどれぐらい責任を取らされるんだろう?
しかし「喫茶店でコーヒーをかけられまして、汚れたスーツで失礼します」と取引先に笑って言えないものなのか?営業経験ないからわからないけどさ。
あまりにも心の狭いオヤジのせいで、これから芝居だ〜!という楽しい気分が台無し。
こっちこそ「どうしてくれんだよ」って気分だった。

昨日、風間さんの歌う『逢いたくなったときに君はここにいない』を聴いて、ハートを打ち抜かれたって書いたけど、その原因はたぶんこれ。
『カラオケマン』の最中に、なぜかこのときの光景が頭の中に蘇ってしまった。「いけない!舞台に集中しなければ!」と我に帰ったとき、舞台では風間さんがこの曲のサビを歌ってた。
その優しく甘い表情を見たとき、ささくれていた心がいっぺんに癒されたんだよねぇ。そしたらブワーっと涙がこみ上げてきてしまった。
とは言っても、ここで歌っているのは風間さんではなく、不倫相手(レイちゃん)の気持ちを正面から受け止められずに、歌に逃げてごまかしているズルい中年男・牛山さんなんだけどね。
でも、あの優しい顔にレイちゃんもハマってしまったに違いない。なんて思わせるような説得力が、あの場面の風間さんの歌にはあるね。

2週間ぐらい前かな。DVDで『イン・ザ・ベッドルーム』を見た。
大学生のひとり息子を殺された夫婦を描いた映画。
この映画はいつまでも残る。
全体的に淡々としているから見終わったときに大きな衝撃とか感情の波が押し寄せるわけじゃないんだけど、フとしたときに映像が甦ってきたりして、いつまでも緒を引くものがある。
舞台はアメリカのメイン州だったかな。この映画には黒人が一人も登場しない。白人ばかりが暮らすコミュニティだ。
ラストに映る街並が本当に綺麗。海があり紅葉は色づき小奇麗な家が建ち並ぶ、同質の人たちが集まった平和そうな町。
でも、この美しい町の中にも、悲しみや憎しみはあり人が殺される。
自然が美しければ美しいほどやるせなさが募って、心の中に風が吹くような感覚を覚えた。
公式HPがあったのでリンクしておきます。

http://www.uipjapan.com/bedroom/index.htm
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うひゃ~

今読み返すと、なんだか、アイタタな感じだな(^^;)
「ブワーっと涙が…」のあたりとか。
やっぱり情緒不安定?不定愁訴かも。
プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。