スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋する妊婦」とかあれこれ

今日は久しぶりに早く帰れたので、時間を有効に使おうと思ったのに、結局2時間ほど寝てしまった。
だいたい「今日はこれをやろう」と思っても眠気に勝てずに出来ないことが多い。
ブログも「あれ書こう」と思ってるうちに時間がたってしまって、そのうちどうでもよくなってしまったり。
過去の日記を読み返してみると、今ではすっかり忘れていることを詳細に書いてあったりして面白いので、自分のためにこれからも書き続けたいと思うのだけど、文章を書くことがやたらとしんどい。
頭を使うのがめんどくさいんだよね。夜は眠くてだいたいボーっとしてるし。
たまに早起きして早朝からブログを書いている人がいるけど、私にはとても出来ないわ。
マメにきちんと生活している人も世の中にはたくさんいるんだなあと思う。尊敬。

土曜日に早くも「恋する妊婦」がテレビで放送された。
テレビだとアップで細かい表情がわかるのがいいな。
コクーンのような大きめの劇場よりも、300~400人程度の劇場で上演したほうが伝わる世界では?と思っていたので、生で遠くの席で観るよりも、むしろ役者の表情がはっきりとわかるテレビのほうが面白いかもしれない。
来月、NHK教育で放送されるようなので、多くの人に見てもらいたいな。

今更ながら2月の「恋する妊婦」(シアターコクーン)の感想。
21~23日、3日連続で鑑賞。
渋谷の街を歩くのは20年ぶりぐらい。迷うかと思ったけど、文化村はあっさりと見つかった。
舞台はいつもの岩松ワールド。起承転結の承と転しかないような突き放した作り。
でも、その不親切さが大衆演劇の一座のゴタゴタを覗き見しているようで、想像力を刺激する。
電車の中でたまたま耳にした面白そうな会話に耳をそばだてる感じに近いかも。
パンフに岩松氏が「だって人間、基本的に不機嫌だろう」と書いていたけれど、自分の思うようには流れてくれないのが世の中の常。その感情を表に出すかどうかは別として、ストレスもたまるし不機嫌にもなるよね。
岩松さんのちょっと意地悪な人間観察を見てクスクス笑っているけれど、自分の中にも説明できないモヤモヤとした理不尽な感情はあるわけで、登場人物たちの行動に共感はしないまでも、納得できるし面白い。
戯曲を読んだときには唐突に感じた幕切れが、実際の舞台では余韻のあるいい終わり方だと感じた。もう若くない女性二人の戸惑うような会話が切ない。
もっとも「へ?終わり?」と思ってビックリした人も多かった模様。
初見だとそうだろうなあ。二度目以後はまた感想も変わると思うんだけど、普通は二度は見ないしな~(値段、高いし)。だからこそ、また映像で見て欲しい。

座長を演じた風間さんは色っぽかった~。あて書きか?と思ってしまうぐらいハマり役だった。
穏やかに笑っていたかと思ったらいきなり怒り出したり、お茶目だったりクールだったり、様々な表情が見られて大満足。
小泉さんとはミスマッチ?と思っていたら、意外と違和感なし。雨に打たれた白髪のKYON2には昔のヨーロッパ映画の女優のような雰囲気あり。鈴木砂羽さんもイタリアの女優みたいな(クラウディア・カルディナーレとか)あだっぽい感じ。浴衣姿が奇麗。
大森さんは背中がカッコ良かったな。

今回の東京は3泊4日。
新宿コマで「星屑の町~新宿歌舞伎町篇」も観た。
星屑シリーズの新作として観ると物足りない。
でも後半の前川清氏の歌謡ショーが楽しくて、終わったときには「3000円でええもん見たわ~」という気持になっていた。
(あ、3000円というのはB席ね。S席は11000円也。)
左とん平さんの「ヘイ・ユー!ブルース」が生で聴けたのも嬉しかった(^。^)

今回のお土産は会社に「都電もなか」
これは大好評。次回もまた買おうかな。
家には花小路の「焼きかりんとう」
宿の近くで売っていたので買ってみたのだけれど、美味しかった。

昨日、「悪人」(吉田修一:著)読了。
分厚い本だけど、読みやすい文章とよく出来た内容で、3時間ほどで一気に読めた。
最後のほうは泣きっぱなし。やばい。
これは絶対、映像化されるな。もうどこかが動いてると思う。

昨年の12月から今日までに観た芝居と落語。
「風間杜夫独演会」(11/17 名古屋能楽堂)
 風間さんの演目は「夢の酒」と「火焔太鼓」
 ゲストの春風亭昇太さんは「時そば」
「座頭市」(12/23 梅田芸術劇場)
「ビューティ・クイーン・オブ・リナーン」(1/6 シアタードラマシティ)
「わが闇」ナイロン100℃(1/13 シアターBRAVA!)
朝日東西名人会(1/24 シアタードラマシティ)
 桂春菜「昭和任侠伝」
 柳家喬太郎「粗忽長屋」
 笑福亭鶴光「木津の勘助」
 笑福亭仁智「トクさんトメさん」
 桂 南光「素人浄瑠璃」

映画はほとんど見てないなあ。
去年見た「ヘアスプレー」は大好きな映画。サントラも買った。
クリストファー・ウォーケンがキュート!
最近の映画では「アメリカン・ギャング・スター」
見ごたえたっぷり。時代の雰囲気もたっぷりで音楽の使い方がうまい。
やっぱりリドリー・スコットの映画は面白いわ。
日本映画は「椿三十郎」ぐらいかな。
オリジナルの重厚さには欠けるけど、しっかりした映画。
風間さんのオロオロ具合が楽しい。

テレビで見たのは
「バブルへGO!タイムマシーンはドラム式」
「サイレント・ヒル」
「犬神家の一族」(2006年版)
「鉄砲玉の美学」
「007 カジノ・ロワイアル」
「労働者M」(舞台)
DVDで風間さんの若き日の作品「真夜中の妖精」も見た。
スポンサーサイト
プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。