スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SHIROH』(梅田コマ)

今日で1月も終わりか~。早い、早すぎる・・・

1月18日に梅田コマ劇場で『SHIROH』を観た。
天草四郎でお馴染みの島原の乱を舞台にしたロック・ミュージカル。
脚本・中島かずき、演出・いのうえひでのり、主演は中川晃教と上川隆也。
他に高橋由美子、江守徹、杏子、秋山菜津子など。他にも豪華キャストがたくさん。

ノンフィクションとフィクションの混ぜ方、人物の配置等、よく考えられていると思った。
神の歌声を持つ天草の少年シローはキリスト教徒ではないという設定。
だから、弾圧され殉教へと向かおうとする切支丹たちを、客観的に見られる立場にある。
シローが「殉教(まるちり)などしてはいけない」と歌う場面は感動的だった。歌の力って凄い!と単純に思った。
その切支丹ではないシローが、友人たちが無残に殺されたことをきっかけに、切支丹たちの仲間に入り幕府軍に立ち向かうという展開になる。
それによって、人が闘う動機が大義名分などではなく、怒りや憎しみといった人間的な感情であることがくっきりと浮かび上がった。そしてその後の殺戮がより哀しく心を打つ…ということだと思うんだけど、思うんだけどね、どうも消化不良な気持ちだった。頭ではわかってるんだけど、気持ちが前に行かないって感じかなあ。
ここ2~3年、外国の映画や舞台を観て、「とてもいい映画だな」「緻密な舞台だな凄いな」と感じながら、でも「どこか腑に落ちない」「感覚的にわからない」と思うことが何度もあった。
ない頭で考えてみるんだけど、「あーもうめんどくさい」と思考停止。でも、また別の作品を見て「んーやっぱりわからん」。
最近はアジア映画も健闘しているとはいえ、入ってくる洋画の多くは欧米のものだから、どうしてもキリスト教文化圏に目が行く。
舞台の翻訳劇も同じこと。
突き詰めると、生まれ育った国や家庭の宗教的な背景が、無意識のうちに物の考え方、感じ方に大きな影響を与えていて、その違いはどうしても埋められないんじゃないかと思えてしょうがない。
埋められなくても理解はしたいと思うから、あれこれ考えてみるのだけれど、なかなか難しいんだよね。
私にとって宗教は手ごわい相手。そのせいか、『SHIROH』を観ながらついつい余計なことを考えてしまい、物語に集中できなかったというのも、のめり込めなかった一因かも。
もう一度観ると、また感想は変わると思う。

信徒たちの純粋な信仰とは別に、組織の上層部には政治的な戦略も当然ある。この時代(江戸初期)なら特に。
切支丹たちへの過酷な拷問はどう考えても正当化されるものではないけれど、布教の名の下に植民地化されてしまったアジアの国もあったわけで、幕府は、キリスト教が広がっていくことには相当な危機感を抱いていたと、何かの小説で読んだ。
でも、農民たちがキリスト教に救いを求めたのは、もともと貧しい農民たちを更に重税で追い詰めたからで、そのへんはサラリとだけど、この芝居にも出てくる。
「殉教」を望む裏には、試練に耐えて殉教すれば天国(はらいそ)にいけるという教えがあった。それだけ現世が辛かったということ。
そのへんをもっと丁寧に描いていたら、一揆に立ち上がる切支丹たちに感情移入しやすかったように思う。
天草のシローの心情はわかりやすいんだけど、一揆の指導者であるもう一人の四郎(上川隆也)と寿庵(高橋由美子)の行動の核となる信仰心が、私にはあまり伝わってこなかった。
あと、江戸時代の島原を現代のイラクとオーバーラップさせて、「昔話ではない。今も同じようなことはあるぞ」と言いたい気持ちはわかるけど、現実の中東のニュース映像を見せるのは余計な演出じゃないかなあと思った。

台詞はほとんどが歌。想像以上にミュージカルしていた。
個人的にはヘビメタ、プログレ嫌いなので、あの曲調には途中で少し飽きてしまったのだけど、ほとんどの出演者は歌が上手くて楽しめた。
江守徹御大は、まあ、存在感でOKかな。
役者で特に良かったのは秋山菜津子!
最初、夏木マリかと思ってた( ̄∇ ̄;)ら、秋山菜津子だとわかりビックリ。(出演者もろくにチェックしないで観に行ったので)
見るたびに印象の違う女優さんだなと思う。これからもいろんな役で観ていきたい。
私のお目当ての池田成志は、いつも通りかな~。新感線ではこんな役ばかり。
芝居の途中で足を痛めていたようだけど、もう大丈夫なんだろうか?

千秋楽だったので、カーテンコールで役者陣による「SHIROH」焼印入りの煎餅投げあり。
私はZ席で観ていたので、さすがにここまでは届かんよな~と思っていたら、アンサンブルの役者さんたちが3階まで投げに来てくれた。
私はどんくさいので取れなかったのだが、隣の友達が2枚GET!ちゃっかり1枚貰う。
手提げ袋に入れて持って帰ったら割れてた(T_T)
まだ食べてないけど、そのうち食べよう。
SHIROH煎餅の写真↓
20050131234339.jpg



島原の乱について知りたくなって、図書館で山田風太郎の『魔界転生』を借りた。
映画(観てないけど)のイメージから天草四郎の話かと思ってたら、柳生十兵衛が主役だったのね。島原の乱は最初にちょっと出てくるだけだし。天草四郎はけっこうあっさりやられるし。
でも、面白~い!
今、下巻のクライマックス。十兵衛とその父、柳生但馬守の決闘場面にさしかかったところ。続きを読むのが楽しみだ。
スポンサーサイト

ロミオとジュリエット

1月16日にシアタードラマシティで『ロミオとジュリエット』を見た。
ここ数年だけでもいろんなキャストで上演されている人気作なのに、私が舞台を観るのは今回が初めて。
シェイクスピアだから、まったりしたテンポの舞台なのかと思っていたら、今回の作品は若さと疾走感を前面に出して、3時間を一気に見せる。
若者たちのファッションは現代的で、まるで『ウエストサイド・ストーリー』みたい…と思ったのだが、『ウエストサイド…』の原作は「ロミオとジュリエット」だったと気付き自分に苦笑。
戯曲の設定ではロミオは16歳でジュリエットはもうすぐ14歳(つまりまだ13歳)。
これを実年齢22歳の藤原竜也と17歳の鈴木杏が演じていた。
本物の若さが目の前ではじける舞台を観ていると、それまでけっこう年齢の高い俳優さんも演じていたということが想像できない。
それぐらいキャスティングの若さが生きた舞台だったと思う。
あの燃え上がり方や純粋さ、視野の狭さなど、二人はまだまだ子供なのだと思うとすんなり受け入れられるし、その幼さが痛ましい。
2幕はあまりにジュリエットが泣き喚くので「落ち着け~、ホラ、深呼吸だ~!」と言いたくなってしまうのだけど、苦労知らずの14歳の女の子だと思えば許せる範囲。
また、17歳の鈴木杏が演じることで、若さがキラキラと輝いて、切なさが際立つ。
時折セリフが覚束なかったり、一生懸命さが見えすぎたりしたけど、恋しいロミオを目指して客席を走り抜ける一途な姿を見ているだけで甘酸っぱい気分になった(#⌒∇⌒#)
藤原竜也の舞台を観るのは二度目。やっぱり上手いと思った。
ただ、もうちょっと初々しさがあったほうが私は好み。(誰も好みなんて聞いてないって)
主人公二人の真っ直ぐさは伝わってくるものの、もうひとつ胸に深く刺さるものがなかったのが物足りないところかな。
最後に、ロミオとジュリエットの骸を前にして、敵対していた親たちが「私たちの愚かな争いが子供たちを殺してしまった」というような台詞を言って、そこで、純愛に隠されていた大きなテーマが前面に出てくる。
「憎しみの陰で犠牲になった若い命」の悲劇は、昔からずっと絶えることなくあって、きっと今の中東にもあるし、別の場所にもあるんだろうと思う。
それはわかるんだけど、なんだかとってつけたみたいに思えてしまって、素直に感動できなかった。
いや、でも、それなりに満足できる舞台だったんだけど、11500円だからさァ。
「絶対に観なさい!」とお勧めするにはためらう値段だなあ。

この芝居の2日後に観た『SHIROH』のことも書くつもりだったけど、タイムオーバーなのでまた次回。
書くのが遅いんだよねぇ。この程度の感想を書くのに3日かかってしまった。集中力ないもんで(^^;)

『Mr.インクレディブル』 『唐辛子なあいつはダンプカー』

昨日、ラインシネマで『Mr.インクレディブル』を見た。
『カンフー・ハッスル』を見るつもりで行ったら時間を勘違いしていて、待たずに見られるこっちにした。
去年予告で見たときは、この絵のタッチは苦手だなあと思ったのだけど、実際に見始めると想像していたよりモダンな感じ(サントリーのトリスおじさんをちょっと思い出した)でいい!
猛スピードで走る息子の姿がとっても可愛いんだよね。
思わず公式サイトで壁紙をダウンロードしちゃったよ~(^○^)
楽しいアイデアがいっぱいつまってて、すごくよく考えられた映画だと思った。
やっぱりピクサーのアニメは良いな。

9日、シアタードラマシティに竹中直人の会改メ竹中直人の匙かげん1の『唐辛子なあいつはダンプカー』を観に行った。
事前にネットで読んだ東京公演の評判はサイアク。
でも、映画と違って舞台は上演を重ねるにしたがって変わっていくものだから、大阪では良くなっているかも…と少しの期待を胸に劇場へ。
が、しかーし!退屈だ…辛い…(;__)/|
80年代に竹中直人が深夜のテレビでやっていたような、ナンセンスでくだらないものをやりたかったんだろうなと思う。
それはいいんだけど、面白くないんだよ~。
テレビならぬるい笑いでもそれなりに満足できるけど、劇場では間が持たない。
話が進むにつれてどんどん冷えていく客席。
ラストがライブであれだけ盛り上がらないのも珍しいな。
チラシでは「作:松尾スズキ、ケラ、宮沢章夫」となっていたので、コント集かと思っていた。
3人がコントで腕を競いあうのか!すごい観たい!と勝手にテンションあげていたのだが予想に反して2時間の長編ストーリー。内容は意味なしオチなし歌大いにあり。
あれで2時間はキツいなあ。途中で飽きてしまう。
松尾スズキとケラは「作」というより「原案」または「アイデア協力」という感じじゃないの?やっぱり作家ごとにそれぞれ独立した話で見たかったな。
メンズ5の演奏と妖怪ぬらすまし(?)の井口昇は良かった。

前回書き忘れたけど、お正月に『犯人に告ぐ』(雫井脩介)を読んだ。
この作家の小説を読むのは3冊目。どれも読みやすく面白い。
前作の『火の粉』が映像化されるそうだけど、これもそのうちに映画かドラマになりそう。
少しずつじゃなくて、一日で一気読みするのがオススメ。

2005年が始まった

年も明けたことだしブログのテンプレートを変更してみた。
ここ(FC2)のブログはデザインがどんどん増えていくので嬉しい。
ブログのデザインを変えるだけで気分転換になる。
さてお正月気分も今日まで。明日からまた通常の生活だ。
ダラダラ過ごしていたから身体を戻すのが辛そう。体重も増えたし(^^;)
昨日(3日)、春日大社へ初詣に行った。
ここ十数年ずっと春日大社。今更止めると何か起こりそうでコワイのじゃ。
でも、ちょっとした観光気分で楽しいから続いてるんだけどね(^。^)
今年のおみくじは中吉。これぐらいがちょうどいいな。
大吉をひいて喜んでおみくじを持って帰った年が最悪だったので、それ以来、吉でも必ず境内に結んで帰ることにしている。
20050104225815.jpg


お参りのあと、奈良公園をブラブラ歩く。
興福寺でこんなもの発見。
20050104225833.jpg

ガチャポンおみくじ。去年はなかったと思う。なんか・・・これで大吉でてもあんまり嬉しくなさそう。

20050104225855.jpg

奈良らしい風景。
興福寺中金堂再建のための工事用の柵が張り巡らされているので、下のほうは無理やりカット。ほとんど空、そんでちょっと屋根。
7年前に遺跡の調査が始まって、完成するのは平成22年らしい。
気が遠くなるほど先のような気がしていたけど、あと5年か~。きっとすぐだな。

1月1日にアマゾンにUSB2.0ボートとコミックを注文。
今日届いた。お正月でもすぐに送ってもらえるのは有難い。
思っていたよりずっと簡単に増設できて一安心(実はかなり不安だったので)。

続きを読む

『レディ・ジョーカー』『五線譜のラブレター』

12月28日、友達に「新聞屋さんにタダ券もらったで~」と誘われ、道頓堀東映に『レディ・ジョーカー』を見に行った。
うーん、キビしい。やっぱりあの分厚い小説を2時間でまとめようなんて無理だったか。
被差別部落、在日朝鮮人、障害者、貧困。日本の社会でババ(ジョーカー)を掴まされたと感じて生きている人たちが、巨大な企業を相手に挑戦状を送りつけるというお話の、根っこの部分を深く描けないのなら、わざわざ映画にする必要ないじゃんって思ってしまった。
企業の描写にしてみても、サラっとしすぎていて何も残らない。
ただ、久しぶりに見た吉川晃司は、ドッシリしていて良かった。

翌日、2004年最後のレディースディにOS劇場CAPで『五線譜のラブレター』を見た。
ホントは『お父さんのバックドロップ』が見たかったのだけど、レイトショーのみだったので断念。その日、2番目に見たかった映画がこれ。
私が見た回は満員で立ち見も出ていた。そんなに混んでると思わずに行ったので正直ビックリ。
『エニシング・ゴーズ』や『キス・ミー、ケイト』などで有名な音楽家コール・ポーターと、その妻リンダ・リーの物語。
軽妙洒脱で、快楽に対して正直で貪欲なコール・ポーターを、ケビン・クラインが好演していた。
ケビン・クラインってもう57歳なのに相変わらず若いわ~。晩年の老けメイクのほうが違和感あるもん。
リンダ役のアシュレイ・ジャッドと実際は21歳もの年の差があるなんてとても思えない。
華やかな前半と失意の後半の落差が哀しい。リンダの最期にも泣かされた。
エルビス・コステロやシェリル・クロウなど歌手として登場する人たちが豪華!
私は日本人が演じる翻訳もののミュージカルには、どうしても違和感を感じてしまいほとんど見ないのだけれど、こういう映画を見るとミュージカルは好きだと思う。
でも、垢抜け加減に決定的な差があるなあ。遺伝子レベルですでに違うんだろうなァ。

『レディ・ジョーカー』の後、友達と入った居酒屋。
最初に注文した飲み物がくると店員さんが大声で「今日も一日ご苦労さまでした。かんぱーい!」と乾杯の音頭をとるシステムになっていて驚く。その後、店中の店員が「かんぱーい!」と復唱するのには笑ったが、しょっちゅうあちこちで「乾杯乾杯」と聞こえるのはウルサイ。
大人数ならいいかもしれないけど、ゆっくり喋る雰囲気ではないな。と言いながら3時間いた。

もう忘れかけていた美内すずえの『ガラスの仮面』42巻が出ていたので買った。
41巻が出たのはいったい何年前だ?
北島マヤの服が今っぽくなっていたのと、携帯電話が登場して写メールなんぞしているのには時代の流れを感じた。
でも、全体を覆う古臭さは消えず。まあ、その時代錯誤な感じが魅力でもあるし意識してやってるんだろうな。

『あのころ、私たちはおとなだった』(アン・タイラー 中野恵津子=訳)読了。
全部読んだわけじゃないけど、アン・タイラーの小説はどれも好き。
「自分は間違った人生を歩んできたのでは?」と思い、実現しなかったもうひとつの人生を夢想する53歳の女性の物語。
親しみやすく可笑しくて優しいおはなし。

12月31日最大のイベント。年末ジャンボの当選発表。
今年もかすりもせず・・・(´・ω・`)
末等が一枚当たったけど、連番で買ったから当然。
結果が発表になると「宝くじなんか買わずどこかに寄付すれば良かった」と思うけど、ついフラフラと売り場の列に並んでしまう。
今年はもう買わない!・・・つもり。
プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
12 | 2005/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。