スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見たあれやこれや

ようやく見られた~「特捜最前線/ストリップスキャンダル!」
会社の給湯室で先輩から「昨日風間杜夫出てたね」と言われ、「うそーん!知りませんでした(T_T)」と半泣きになってから早20数年。
再放送のときは毎日録画していたのに、風間さんの回は放送されることなく終わってしまいガッカリだった。
再放送できないエピソードらしいと知ったのは、インターネットを始めてから。
地上波がダメでもCSならどうだ!と、ファミリー劇場での放送に期待していたら見事にやってくれました。
いやね、もうね、大満足。
内容も演技も熱いわ濃いわでお腹いっぱい。まさしく昭和の東映テイストだ。
あの頃、こういう風間さんが好きだったんだよねぇ。
当時の風間さんには、上昇していく俳優特有の、勢いみたいなものがあったように思う。
まさか2年後にあれほどのブームが起きるとは、予想外ではあったけれど。

「ストリップスキャンダル!」の放送は、1982年9月だとずっと思い込んでた。
1982年のはずなのに、風間さんの髪型や全体の雰囲気はもっと前(「終着駅殺人事件」と同じ頃)の感じだったから、収録は81年で放送は82年なのかなと思った。
でも、改めて調べたら正解は1981年10月14日放送で、慌ててHPのデータを修正。
自信持ってたんだけどなあ。ホント私の記憶なんてアテにならない。
当時の手帳を見たら、この日、私は黒テントの「夜と夜の夜」を観に行っていたようだ。
出演していたことに気付かなかったのは、家にいなかったせいもありそう。
(後で知ったのだがその日の夕刊にはストーリー紹介とともに風間さんの名前も載っていた)
当時はまだ家にビデオデッキがなかったから、リアルタイムで見れていたとしても、自分の頭の中に焼き付けるしかなかった。
だから、今、当時のドラマをCS放送で流してくれるのは有難い。
いい時代になったものだと思う。
ホームドラマチャンネルの「雲のじゅうたん」も、風間ファンになったばかりの頃の気持ちを思い出して、毎回ときめきながら見ている。
不満は似たようなドラマが多いことかな。
「このドラマ、何回目やねん」と言いたいようなのもたまにあるからね。

気がつけば地上波の番組はほとんど見ていない。
ニュースすら見ない。
見るのは朝の情報番組だけ。
映画はWOWOWで録画。
毎回欠かさず見ているのはFOXの「シンプソンズ」と「キング・オブ・ザ・ヒル」と「アメリカンアイドル」
「アメリカン・アイドル」はアメリカのオーディション番組なんだけど、たまたま初回を見たら面白くて、ハマってしまった。
本国よりたった一週間遅れなだけというのが嬉しい。

最近観た芝居
「小松政夫×イッセー尾形のびーめん生活2006」
3月19日(日) シアターBRAVA!
作・演出:森田雄三
小松政夫とイッセー尾形によるショートストーリー5本。
すべて男と女の組み合わせで、交代で女装。
3本目の、芸能プロ社長と落ちぶれた薬物中毒の演歌歌手の話が印象的。
4本目の、地方の港町に演奏にきたバイオリニスト“パクさん”と、地元の主婦の淡いロマンスの話は、ひとり芝居で見た記憶あり。
最後の話で睡魔に襲われる(^^;)
いつものイッセー尾形と同じく、人間のちょっとした可笑しさや哀愁を、優しいまなざしで淡々と見せていくスタイルだが、今回は小松政夫が良いスパイスになっていた。
2本目の、ベテラン女優に扮した小松さんが、若い女優に演技指導する様子に爆笑。

月影十番勝負第十番「約 yakusoku 束」
3月12日(日) IMPホール
作:千葉雅子 演出:池田成志
出演:高田聖子 千葉雅子 伊勢志摩 池谷のぶえ 池田成志 加藤啓 木野花
女優奮闘公演。特に猫ニャーの池谷のぶえが目立つ。
映画「女囚さそり」と「約束」(岸恵子×萩原健一)がモチーフなのだとか。
でも、出来上がったものはまったく違う雰囲気。
ただ、加藤哲はショーケン似(てか、わざと似せてた?)
ひとつひとつの場面は面白い。
舞台の女優さんはおバカな演技も上手にこなす人が多いが、私が腹を抱えて笑えるのは藤山直美と高田聖子だけだ。
今回も、あやしげな歌謡曲(ハゲのおかまがほくそえむ~♪という歌詞)やら「あっちこっち丁稚」ネタで大笑いした。
でも、あっちに脱線こっちに脱線、本筋はずれてウロウロしている感じで2時間30分は長い。
おふざけの場面とシリアスな場面がスムーズにつながっていなくてガタガタしてる。
ただ、決して嫌いな芝居ではない。むしろ好き
女の敵は女かもしれないけれど、女の一番の味方もまた女。最後の場面では、そんな言葉が頭に浮かんで元気になれた。

最近観た映画
「PROMISE」
重厚な歴史劇を期待するとなんじゃこりゃだが、劇画だと思えば楽しめる。
ただ、すごく高級な食材で駄菓子を作ったようなもったいなさもあり。
チャンドンゴンの超人ぶりにワロタ。
「力道山」
見応えあり。
ソル・ギョング(力道山役)の日本語のセリフに聞き取りづらいところはあるものの、熱演。
中谷美紀が綺麗、藤竜也渋い。
「スーパー・サイズ・ミー」(DVD)
一ヶ月間、三食マクドナルドのメニューだけで過ごした男の記録。
見てるだけで胸がいっぱい。胃が痛くなった。
ユーモラスに権力を告発するのはアメリカのお家芸って感じ。
まあ何事もほどほどにってことで。

最近読んだ本
「チョコレートコスモス」(恩田陸)
まるで恩田陸版「ガラスの仮面」?!
フィクションなんだけど、ついモデルを想像して読んでしまった。
しかし役者さんって、本当にこの小説みたいに、いろんなことを考えながら舞台に立ってるんだろうか?
観客のワタシは、ほとんど何も考えていないのだが。
って、ワタシと一緒にしたら失礼だよな。

明日はWOWOWで「ラストショウ」がある。
DVD持ってるけど、これも録画するぞ!
スポンサーサイト

初詣と初映画

今日は1月14日。
毎年のことだけど三が日も成人の日もあっという間に過ぎて、フと気がつけば年が明けてからすでに2週間が経過しているではないか。
とっくに正月気分など消えうせている時期ではあるけれど、とりあえず新年1回目だし初詣のことなど書くことにする。

今年も例年通り、1月3日に奈良の春日大社に初詣。
いつもより参拝者が多いみたいで、おみくじを引くのにずいぶん並んだ。
おみくじの結果は大吉。

200601.jpg


嬉しいけれど、ホントは吉か小吉ぐらいが好き。
今年は友達も大吉だった。
並んでいるときに周囲から「わー大吉だ!」とか「大吉や~。びみょー(なんとなく気持ちはわかる(笑))」という声が聞こえていたけれど、もしかしたら今年はいつもより大吉を多く入れてたりして。
昔、大吉だったとき、喜んで持って帰ったら、その年は病気をしたりして散々だったので、それ以来、吉でも必ず境内に結んで帰ることにしている。
おみくじの内容はデジカメに撮って、いつでも読めるようにPCに保存。
今年のおみくじに書いてあった言葉→「誰も見てへんからっちゅうて悪いことをしたらあきまへん。神さんはちゃーんと見てまっせ」(大阪弁変換済み)
これ読んで、森永エンゼルのCMソングを思い出した。
~♪だーれもいないと思っていても、
どこかでどこかでエンゼルは、
いつでもいつでもながめてる♪~
子供の頃、なんか、この歌、怖かったんだよね。
押入れとか窓の隙間から小さな目が光ってるみたいで。
ホントは「優しいエンゼルがいつもあなたを見守ってるよ」って感じの意味なんだろうけど。
今検索したら、タイトルは「エンゼルはいつでも」
作詞はサトウハチローだって。(作曲は芥川也寸志)
「懐かしのCMソング大全(1)1951~1959」というCDに収録されているもよう。
1951~1959って、そんなに古い曲だったのかァ。

春日大社から少し足をのばし、手向山八幡宮を経由して東大寺二月堂へ。
3月のお水取りで有名なところだ。
ここへ来るのは4~5年ぶりかな。
山の中腹に建っているので眺めがすごくいい。
この日は風が強くて寒かったけれど、天気が良くていい気分だった。

200603.jpg


去年は映画館で映画をあまり観なかった。
1年で19本。
高校1年のときでももっと見てた。
今はスカパーやDVDでも映画を観るから、そういうのも入れるともうちょっと多いけど、それにしても少ない。
今年は見るぞ~!というワケで、勢いをつけるという意味もあり、1日から近くのシネコンへ。
「SAYURI」を見るつもりが家でグズグズしていたら間に合わず、「キングコング」を見ようと思うと満席(正確には最前列しか空いてなかった)。結局、好きな席が選べて時間がちょうどいい「Mr.&Mrs.スミス」を見た。

最近のハリウッド映画はCGを駆使したファンタジーとかスペクタクル映画が主流で、昔ながらのスター映画は少なくなったような印象がある(実際は知らんけど)。
アメリカ人にとっては大スターでも、日本ではあまり知名度がなかったりとかね。
でも、ブラット・ピットにアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせ、これは久々のスター映画!しかもプライベートでもアツアツ(^o^)(死語?)というオマケ付き。
カッコいい俳優とセクシーな女優の華やかな共演を楽しませてくれたら、中身は少々ゆるくてもまあいいか、正月だし。
と、あまり期待せずに見たのが良かったのか、それなりに楽しめた。
見たそばから忘れてしまうような映画だけど、それもいいんじゃないかな。
アンジェリーナ・ジョリーのスタイルの良さにはため息が…
鼻っ柱の強さと颯爽とした身のこなしもカッコいい。
でも、これ言ったらミもフタもないけど、「なんでこんな大げさでまわりくどいことするのかな~」とこのテの映画を見るたび思う。
映画だから…と言ってしまえばそれまでなんだけどさ。

今年は映画をもっと見る!と元日こそ意気込んだものの、元の「めんどくさい」モードに戻りつつあるのが我ながら情けないところ。
でも、見たかったのに見逃した「親切なクムジャさん」が嬉しいことに今日から近くの映画館にかかってるし、公開が楽しみな映画もいくつかあるし、今月はあと2本は見たいな。

最近テレビで見た映画
「スクール・オブ・ロック」
「続・社長紳士録」
「フォークで行こう!銀嶺は恋してる」

最近読んだ本
「大俳優 丹波哲郎」(丹波哲郎 ダーティ工藤:著)
「生協の白石さん」(白石昌則:著)
「ある日系人の肖像」(ナンシー・ルヴォワル:著 本間有一:訳)

映画2本と舞台3本

11月に観た映画と芝居の感想を簡単に。

「ALWAYS三丁目の夕日」
手堅い作りで安心して見られる。
日本が前向きで元気だった時代へのノスタルジー。
子役の演技に泣かされた(T_T)
「エリザベスタウン」
ひとことで言えば、弔いと再生の映画かな。
ほとんど予備知識なしで見たんだけど、最後のクレジットで監督がキャメロン・クロウと知り、妙に納得。
なーんかアバウトっていうか、佳作になり損ねてるなあと思うけど、この監督が作る映画の空気は好きだ。
キルスティン・ダンスト演じる女の子のやることが、演出しすぎでちと鬱陶しい。

「七人の恋人」ウーマンリブVol.9 芸術ホール
内容がなくて単純に笑えて、好きなタイプのコントだった。
映像ではなかなか見られない尾美としのり(「翔んだカップル」の頃から密かにファン)と田辺誠一の怪演に大笑い。
「歌わせたい男たち」 シアタードラマシティ
毎年、高校の卒業式での「君が代」斉唱を拒否している教師と、歌わせたい校長たち、そして事情を知らない新任音楽教師が、くりひろげるコメディー。
政治的なメッセージが前面に出ていたらイヤだなと思っていたけど、君が代そのものがテーマではなく、集団の和を保つことの裏にある、非常に日本的な、諦めという名の社会性というか、風通しの悪さというか、そういうものを批評しつつ、わかりやすい笑える芝居に仕上げていたのが良かった。
「調教師」KARA COMPLEX 兵庫県立芸術ホール中ホール
私はこの世界は好きだけど、嫌う人が多いのもわかる。
意味なんか考えずに、唐十郎が紡ぐ言葉のイメージを身体で感じとって異界を旅すればそれでいい…とは言っても、そのイメージが鮮明に浮かび上がってきたかといえば、どうなんだろう?って感じ。
もうテントの桟敷席で芝居を見るのが辛い私には、ホールで唐作品を上演してくれるのは有難いけれど、正直、800人収容の劇場で、8500円とってやる芝居ではないと思った。
とはいえ、ラストシーンには感動。

最近読んだ本
「冒険の国」(桐野夏生)

ブラザーズ・グリム

先週、久しぶりに試写会が当たり、リサイタルホールで「ブラザーズ・グリム」を見た。
グリム童話を題材にしたファンタジーで、主人公は若き日のグリム兄弟。
この兄弟、ドイツでは化け物退治でちょっとした有名人なのだが、実は…というところから映画は始まる。
お馴染みのグリム童話の登場人物や設定をうまーくブレンドして、楽しい冒険譚に仕上がっている。2時間があっという間だった。
ただ、やっぱりテリー・ギリアム作品だから、少々の毒はあり。
残酷な場面もあるので、お子様には向かないかな。
でも、難しい内容ではないし、映像がとてもゴージャスなので、誰もが楽しめる映画だと思う。大きなスクリーンで見るのがオススメ。

グリム弟が、高い塔に登ろうとチャレンジする場面で、「ダメだ」と字幕が出た瞬間、弟を演じるヒース・レジャーの口からも「ダメ!」と日本語が…Σ(゜□゜;)
いや、たぶん、というか絶対に英語なんだけど、ホント、「ダメ!」って聞こえたのよ。
その時、客席にはさざなみのように笑いが広がっていったから、他の人も同じことを感じたんだと思う。
思わぬところで空耳アワー。

週末、友人とカラオケ。
阪神タイガース応援感謝セールで食べ物全品半額だった。おかげですごく安くあがった。
気のせいか、「応援感謝価格です」と言いながら店員さんは苦笑いしていたような…
まあ、日本シリーズ4連敗だったからなあ。
でも、あまりにもアッサリと負けてしまったので、むしろスッキリ!って人もいるらしい。
私は最近は野球の勝ち負けはどうでもいい感じ。ただ、バーゲンは嬉しい。

早いものでもう11月。今年もあと2ヶ月かァ~。アセるなあ。
先週ぐらいから、朝晩グっと冷え込んで寒い!夜中にPCをしていると、マウスを持つ手が寒さでかじかむ。
まだ少し早いかなと思いつつ、日曜には衣替えをして、ホットカーペットも敷いた。
引越しのどさくさで行方不明になったものがけっこうあるのだが、冬のブルゾンが見当たらないのは困った。
思いつくところは全部探したけど、結局見つからず。
去年の初冬に買って、4ヶ月ぐらい着倒した。まだまだ今年も着てやろうと思っていたのになあ。
でも、あんなに大きなもの、どこに消えたんだろう?古着と間違って捨てたとか?!
4年前にDVD観賞用に買ったサラウンドのヘッドフォンが行方不明のままなのも悲しい。

最近読んだ本
「孤島の鬼」(江戸川乱歩)
「安政五年の大脱走」(五十嵐貴久)

シン・シティ

レディスデーに「シン・シティ」を見た。
予告編を見た時に「これは絶対私好み!」と思って期待してたんだけど、まあとにかく暴力シーンが多くて、特に前半のグロ描写はキツい(>_<)
ただ、最初は「ゲッ!」と思うものの、だんだん刺激的な描写にも慣れてくる。
でも、あんまり続くと飽きちゃうんだよね。
アメコミ原作ってのと予告の映像でなんとなくサイバーアクションみたいなのを予想していたら、昔の扇情的な犯罪小説やフィルムノワールを今風(っていうか監督好み)にアレンジしてみましたって感じの映画だった。
欲望の街シンシティを舞台にした3つの事件が描かれるんだけど、その中では2番目のクライブ・オーウェンのエピソードが、けっこう面白かった。
残酷だけどバカバカしくて、首を奪い合うところは、筒井康隆の小説(「万延元年のフットボール」だっけ?)を連想した。
ミッキー・ロークの最初の話は、「人探し→見つける→暴力→探す→見つける→暴力」の繰り返しで、単調。グロもやり過ぎると退屈だ。
最後のブルース・ウィリスは、10年ぐらい前のクリント・イーストウッドで見たかった気がする。
3つのエピソードが絡み合うようで、絡み合わない。
もうちょっとシン・シティを俯瞰で見るような工夫があった方が面白かったかも。と思う。

週末にトムプロジェクトからCDが届いた。
kazamacd.jpg

「旅の空-trip in 2004-」と「テンパッちゃったぜ!」の2曲入り。
歌うは風間杜夫&エキセントリック・ハイテンション・ボーイズ。
「旅の空」は一人芝居のツアースタッフの共同作業で生まれた曲で、スタッフ一人一人が長いツアーで感じた様々な思いが詩に込められている。
芝居の裏側にもまたいろんなドラマがあるんだろうなあ(しみじみ…)と思える曲だ。
みんなで協力してひとつの物事を完成させることの苦労や達成感を知っている人なら、グっとくる内容じゃないかと思う。
カップリング曲の「テンパッちゃったぜ」は風間さん作詞。
芝居の本番前の緊張感を歌ったものかと勝手に想像していたら、麻雀の歌だった。
「テンパッちゃったぜ~ 神様サンキュー」とロック調で歌う風間さんが可愛い(^。^)
途中に入ってるセリフが笑える。ヘンな関西弁には誰かモデルでも?(≧∇≦)
何気に詞の中に風間さんの麻雀哲学がチラリ。

今日の夕方、BSで放送していた懐メロ番組、見始めたら最後まで見てしまった。
こういうの、子供の頃から毎年のように放送しているけれど、そのつど見てしまう。
ヒットした時をリアルタイムで知ってる曲はほとんどないのに、子供の頃から見ているせいで、今日歌われた曲はほとんど一緒に歌えた。
私が中学の頃に50'sが流行して、その頃にオールディズナンバーを歌う番組が始まったように思うんだけど、当時も今も出演している人がほとんど同じなのが凄いな。
みんな相応に年をとってるけど、中には尾藤イサオのように、30年前とほとんど変わっていないように見える人もいる。
もちろん今日も「悲しき願い」でシャウトしまくり。頭は当然リーゼント。
もう還暦過ぎてるんじゃないの~?!若すぎる~!と思って検索したら、昭和18年11月生まれだって。もうすぐ62歳だよー。ビックリだ。
逆に年をとったなあと思ったのがジェリー藤尾。
昔はハーフなのに日本人っぽい顔だと思ってた。でも、今日見た顔はまるきり西洋の老人でちょっとジェンキンスさん似。
俳優名鑑で調べたら尾藤イサオと3歳しか違わないのに驚く。病気でもしたのかな…
どうでもいいけど、尾藤と藤尾って漢字はまったく同じだね。
もひとつどうでもいいけど、ジェリー伊藤とジェリー藤尾って、今の今まで兄弟だと思ってた。ホントは違うのね(^^;)人に言わなくて良かった。

チャンネルをあちこち変えてたら、ミスユニバース世界大会を放送していたのでちょっと見る。
この手の大会の司会は必ず宝田明か岡田真澄だったな~。と思って見ていたら、今回もやはり岡田真澄だった。
この二人がいなくなったら、こういう国際大会の司会は誰が勤めるようになるんだろう?
タキシードが似合って各国の美女をエスコートしても違和感のない人。
そんな人材、今、いる?
英語が喋れてアドリブがきけば草刈正雄なんていいと思うんだけど、そういうの、苦手そう。
キザがギャグじゃなくて絵になる人なんて、今の時代にはいないよね~。
なんて、そんなこと私が心配してどうすんだって話だが。

このあいだキョードー大阪から「12人の優しい日本人」の先行販売のハガキが来た。
電話予約じゃなくて、直接チケット代を振り込む形式だったのでとりあえず振り込んだけど、必ず取れる保証はないので不安だ。
ダメだった場合は一般発売前に連絡が来て返金されるらしい。でも話題作だから一般なんてまず買えないでしょ。5分でつながっても売り切れだと思う。
あと、チケット代は返金されても500円の送料が返ってこないのがなんだかなあ。
まあ、ダメだったら縁がなかったと思って諦めよう。

この機会に、G2の「12人のおかしな大阪人」も再演したらどうか?
「このイケズ!死んでまえ!せっかく来たのに」が、実は「鴻池新田前せっかく来たのに!」だったってヤツ(^。^)
(マメ知識:大阪には鴻池新田-こうのいけしんでん-という駅がある)
10年ほど前に関西小劇場のオールスターキャストで上演された。
そういえば、こっちにも生瀬さんが出てたな。どんな役だったかは忘れたけど。
プロフィール

takkin

  • Author:takkin
  • 別名いるか(歌手のイルカから。昔似ていたので)
    RICOと名乗るときもあり。
    大阪在住の映画・演劇好き。
    高校時代から風間杜夫氏の大ファン。
    非公認ファンサイト「風の杜」の管理人です。
    射手座でO型。動物占いは狼。
    自画像、綺麗に描きすぎ(^^;)反省。
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。